小鳥

キッチンの窓から見える小鳥ちゃん。
最近 バージョンアップして

ハンギングバスケット

を置いてみました。

すごくいい。
かわゆい小鳥ちゃんたちが何羽もやってきます。



IMG_4350.jpg



夏の手前
春先には めじろちゃん silver -eyes  or  wax eye
もやってきます。


IMG_4224.jpg





パドックには ウズラかな?
たぶん野生

IMG_4298.jpg
スポンサーサイト

軽速歩

IMG_4049.jpg 
ホリー


軽速歩。
慣れてしまえば 無意識にすいすい乗ってしまいますが
よく考えると奥深い動作で

乗馬は 軽速歩にはじまり軽速歩に終わる
といっても過言ではないようにおもいます。

私の乗っているビデオを見て気づいたのが
立ち上がるときに蹴っています。

鐙に体重を垂直に一定にかけたまま
基本左右同じ力を鐙にかけて
立ったり座ったりするのが理想ですが
鐙から浮く瞬間があったり
強弱があり 一定の力からは程遠いことに気づきました。

それに加え 馬の重心移動と一致させるように
随伴するというのも難しいなあと思い悩んでいたところ

装蹄師ショーンが来たので早速聞いてみました。

ねえねえ 軽速歩で一番大切なことって
なんだと思う?

軽速歩に大切なことなんてない。
馬場でも レベルが上がれば軽速歩なんて
しないだろ。

あ、そう
まあそうよねえ。
でも馬の重心に一致した
随伴って大切でしょ。

考えるな。
感じて動けば問題ないんだ。


ニュージーランドの軽速歩の体得の神髄は

感じること

のようです。

ニュージーランド カンタベリー地区の
馬の動きを感じる練習方法。

まず常歩。
馬を見ずに 内方(外方でもよい)の後肢が地面を蹴った瞬間
先生が見ている前で
Now Now  と言います。

これができるまで 速歩はさせてもらえないそうです。

同じく 速歩でも

馬を見ずに 内方、または外方の後肢が地面を蹴った瞬間

Now Now と言います。

正しい瞬間がわかるまで 駈歩をしない。



マリアン博士に見てもらってここまではできた。

だからといって
急激に上達するわけではありません。

駈歩でも内方後肢が地面から離れた瞬間がわかると
更にいいと思います。










美形

馴致に連れて行く前
久しぶりに しみじみと すし を観察しましたが
お母さんに似て 美人になったなあ。
IMG_4391.jpg 

でも右側だけ。
左は父ちゃん似で白目です。

先日 ワーニャおじさんのロシア式誕生パーティーがありました。
IMG_4422.jpg 

クライストチャーチのロシア人はほとんどが
ロシア系ウクライナ人です。
政情が安定しない国なので
祖国に絶望し、
新天地に未来をたくして
やってきた人たちなのでしょうか。

で、今回感心したのが
美形の男性陣
ダニエルクレイグがあっちにもこっちにもいるかんじ。

IMG_4416.jpg 

ワーニャも含め皆さん日本贔屓なので
私が何をしても話してもみんな目を細め
喜んでコロこんでくださいます。

ロシア いいわあ。
正確にはウクライナだけど。

IMG_4338.jpg 

ワーニャの作ったぶどう棚の屋根のガゼボ。

2018 年頭所感

年頭所感

なんていうと
企業の社長か どこぞの大臣か。
というかんじです。

今年の目標なんですが
1年というとあっというまで達成できることは限られます。

そこで賢い人たちは 2年計画でいくそうです。
2年あると思うと気分てきにも
焦ることなく大きな目標がたてられます。

そしてポイントは それが達成したときの
イメージが絵にかけるくらいしっかりしていること。

たとえば 金メダルをもらって
シャンパンを美女にかけてもらってる図

なんていうのは 具体的でイメージがわきやすく
満面の笑顔の自分と美女の図を書いて
手帳に貼っておけば
くじけそうになったとき
その絵をみると

ふつふつとやる気が沸くというものです。


私の目標。
2年計画の目標をたてたい。


と 思ってるところで
もう 1月も終わりで 焦ってます・・・





高く高く 高くを目指す!


すしの馴致

すし, 3歳。

馴致担当は 10年前 ルイ を馴致した
セーラさんです。

IMG_4387.jpg 


キャロリンが熱心にすしの馬運車調教をしたので
当日もすしちゃんすいすい馬運車に乗りました。
お母さん(ペギー)も見習って欲しい。



馬運車経験の浅い馬は
必ずベテランが同乗します。
今回はスクワート君にお願いしました。

以前、
試しにすし1頭と横に私が立って馬運車を動かしてみましたが
すしは車が動いて慌て、 
曲がり角では 踏んばりながら少しパニックになり、
停止でもつんのめって 怒ってました。

馬運車に乗せるだけでなく
動いたときの練習も大切。


運転も丁寧さが求められます。

セーラさんの家(車で40分くらいかかりました)
についたすしは 
少しも動じず
すぐに馴染んでおりました。

2度 電気フェンスに触って
ちょっと痛かったみたい。
いつも フェンス(電気なし)によりかかったり
フェンス越しにお隣の敷地の草をつまんだり
やりたい放題のすしちゃん。
良い勉強になりました。

今後もセーラさんの言うことをしっかり聞いて勉強してね。
そうしたらすぐに迎えに行くからね。
(4-6週間くらいかな)











プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる