右駈歩が出ない

ペギーの駈歩

馬場で乗ると
蹄跡でコーナーを曲がらなくてはならず
また 20メートルの輪乗りを含め
ものすごくペギーのバランスが悪くなり
乗りにくいので苦手です。

馬場競技も

駈歩なし

にしか参加したことがありません。

これではいけない。
心を入れ替えて練習に励んだところ

左手前はなんとかできるようになりましたが
右手前が 反対駈歩になってしまいます。

直線(外乗)では両手前ほぼ完璧。

なんでかなあ。

駈歩のどちらかの手前が出にくい
というのはよくあることで
練習方法もたくさんあります。

日本で教わったのは
15m_return_leftab.jpg 
 

Aからはじめ (赤)
左手前の速歩から
半巻き乗りをして Fで右手前になる瞬間に駈歩を出す (緑)

という方法

敬愛するジョディ先生も似た手法を紹介しています。



原因は 馬がよれていることなので

まず 左右の開き手綱 押し手綱の練習をし 
馬がまっすぐになることを確認します。

駈歩の最初の一歩は内方前肢なので
前肢が横に出るあるいはゆっくり出るようにできれば
正しい手前の駈歩がでます。

練習方法
左手前で輪乗りをして右に変える瞬間に右駈歩を出す。


もうひとつは

左手前速歩で
Cから斜め横歩をして
おなじくFで 右駈歩を出す方法です。

どれも悪くない。
最初の一回はぴしゃりと右駈歩がでて
ほうほうと感心しましたが

なぜだか続かない
2度3度と繰り返すと

やっぱり反対駈歩がでてしまいます。

キャロリン先輩が乗り替わってみたところ

硬い
硬いわよペギーちゃん
調馬索しなさい。
サイドレーンつけて。

と言われました。

さっそく試したところ

調馬索では・・・

なんと
左手前が逆手前の反対駈歩になり
右手前は綺麗に出るではありませんか。

ということは・・・・

おわかりいただけたでしょうか。
原因はペギーではなく・・・・

心を入れ替えて神妙に練習に励む今日この頃です。
ちなみに約2か月ほどの特訓で
2度に1度は右駈歩ができるようになり
駈歩のバランスの悪さも一進一退で改善しつつあります。

もう少しだ
頑張れペギーちゃん と  わたし















スポンサーサイト

春です

大学の仕事で南島を駆け巡っていたマリアン博士
久しぶりにクライストチャーチに戻ってきました。

善は急げで蹄のカット

IMG_4046.jpg

すっかり大人びた顔になったキーラたん。
今年の八月で10歳です。



IMG_4047.jpg
目をつむった顔もカワユイ


IMG_4048.jpg

ホリーたんだって娘に劣らず
初々しい笑顔です


冬の蹄はゆっくりのびる


hoofbalance.jpg




高級馬シューフライ君。

この頃すこーし変よ。
どうしたのっかな♬

シェリル先生おすすめの
アカロア在住の獣医さんに

Sheath (男の子のおしっこが出るところ💛)
を洗ってもらったり

The sheath of a male horse needs to be periodically cleaned

いろいろ試みてるのですが
いまひとつ。

そこでちょうど6週間たつので
装蹄師さんに 脚を見てもらうことになりました。

ペギーも一緒に蹄のカットをお願いしました。


IMG_3976.jpg
行儀よく順番待ちのペギー



ペギーちゃん全然伸びてないよ。
切るところないよ。

もしこれ以上頻繁に乗るなら
装蹄しなきゃだめだよ。

と言われました。

ちょいちょいちょい
と 蹄にやすりをかけて
おしまい。


でもお会計はいつもと同じ。

半額
とか
今回はいいぜ。

という熱い言葉を期待したのにい~

装蹄もできる
マリアン博士に泣いて抗議したら

世の中そんなもんよ

と一蹴されました・・・


シェリル先生のレッスンがおおいに刺激となり

ここ6週間
ほぼ毎日

熱心に騎乗してました。


蹄は乗れば乗るほどすり減ります。

ただ ピーンときたのは

冬は蹄の成長が遅いということです。


調べてみたら
"There are also environmental factors that will affect hoof growth. Horse hooves tend to grow faster with increasing daylight." So while your horse's hooves may seem to stop growing over the winter months, that growth rate will increase during spring and summer months

ゆっくりどころか
成長が止まるとまで書いてありました。

シューやスクワートは伸びてたから
まったく伸びないということはないとおもうけど・・・










ニュージーランドで暮らしていて
自動車のタイヤがパンクしたことが
2度あります。

hole.jpg



最初は 道路のアスファルトに 20cm位の穴が
開いてるのに気づかず
暗闇の中 60キロくらいで走り抜け

ガクンときました。
そのままキュルキュル鳴らしながら
家まで5kmくらい?
強引に運転しつづけ
ホイールごと交換になったのはいうまでもありません。

先日の大雨 洪水 非常事態宣言の後
道路のあちこちに穴が開き、
この穴を避けながら運転するのはなかなか至難です。

気分はドリフトレーサー。

一度だけ
穴に気づいたけど
対向車が来るのでよけられず

ズドンと落ちたときは
心が暗くなりました。

時速80kmの道路なので
避けようがなかったといいたい。

でも 今度は 穴があるところでは
ゆっくり運転しようと誓いました。

タイヤは無事でした 

2度目は装蹄師さんが来ていたところを
うっかり 車で通り抜けたとき。


装蹄の釘を踏みつけてそのまま家まで
35kmくらいかな?運転しました。

小さい釘だったので
空気は静かに抜けていき
全然気づきませんでした。

翌日家の人が変ねと思い
釘を見つけました。


装蹄師さんが来た後、
丁寧に掃き掃除することは
重要事項です。

釘といえば
だいぶ前ですが

キャロリンの愛馬モンティーが
蹄の裏に大きな釘を刺したことがあります。

しばらく気づかなかったから怖い。

私が裏堀したとき
この釘なんだろう?

と思ったのですが

nail.jpg


見事なまでに刺さり抜け
まるで装蹄の一部のようだったので
すぐにはわからなかったのです。

キャロリンに言いましたが

今忙しい

と相手にしてもらえず

そのまま乗っちゃったからすごい。

乗り終わった後
どうしても気になったので
キャロリンに確認するようにお願いして

ことの重大さに気づきました。

キャロリンがすぐに引き抜いたのですが
5cmくらいの大きな釘
どこで刺したの???

金属の怪我は破傷風の
危険があります。

翌日すぐに獣医に来てもらい
テタナスの注射をして
幸い大事に至りませんでした。

運が良かったのよ。

ちなみに釘のささった馬の乗り心地、

うん ちょっとつまったような
変な感じはしたのよ。
でも 釘が刺さってるとは思わなかったわ

だそうです。

monti2.jpg
モンティが雑誌に載ってました






床下浸水

少し前の7月22日
クライストチャーチ 
大雨に見舞われ
あちこちで洪水になり

非常事態宣言

が発令されました。

ホリーの借りているパドックは
今までもそうでしたが
地盤が低めで
大雨が降ると 浸水してしまう可能性が
高い地域です。

なので大雨注意報が出ると気がかりで
落ち着きません。

地主さんの話では
大きな水たまりはできるけど
浸水したりはしないから

大丈V

ということでしたが

マリアンも留守にしていて

この危機を独りで乗り切れるだろうか。

眠れない夜が続きました。

大雨警報の前日に
地主さんの意向で
ホリーたち3頭を
ぬかるんだパドックから
ややぬかるみにくいパドックへ移動しました。
(借りている土地ではなく地主さんのプライベートランド)

やれやれ
あちこちの浸水のニュースに心が痛むけど
馬は今回はひとまず大丈夫かな。

と思ってました。

が、

干し草を収納している
コンテイナーが
ちょうど水たまりのできる場所に設置したため
(木がじゃまして高台に置けなかったそうです)

最下層にあった干し草 4分の1 濡れてしまい
処分することになりました。

IMG_3943.jpg
処分した干し草と コンテイナー じゃまな木


ああもったいない。
そして濡れた干し草を動かすのも大変。

濡れた干し草は重く
またすぐに発酵してしまうので
餌にできません。

乾いているところだけせっせと
馬にあげ
すこしでも湿っているところ
は捨てました。

また厳密に仕分けることもできず
結局ほとんどは廃棄
そうしないと濡れなかった干し草もすぐ
だめになります。

留守にしていたマリアン博士
急遽クライストチャーチに舞い戻り
干し草救出作戦の
陣頭指揮をとりました。


四分の一は捨てることになりましたが
今年の冬用にはまだ十分あるし
馬も元気なので

まあ良かったかなと思ってます。

8月になってから
今年初めての仔羊を見ました。


春はもうすぐそこまで来ています。


祝 パンダの赤ちゃん
さっそく名前を応募



IMG_3942.jpg
嵐のどさくさに紛れて迷い込んできた隣家のブラックシープ

IMG_3944.jpg
嵐を無事生き延びた3頭









プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる