ラムレーズン

ワーニャのウォッカにレーズンを付け込んで
作るリキュールは至福の味です。

コーヒーに入れてよし
アイスにたらしてよし
そのままデザートドリンクにたしなんでもよし。

砂糖も入れずに
1:2くらいの割合で付け込むだけ。

イギリス英語では
レーズンは サルタナ。

このサルタナ
お酒に合うけど お菓子に入れたりそのまま食べたりはしないので
安売りのたびに買い込んだサルタナが
大量にあり、

もう買うのよそう・・・
馬食べないかな。
でも犬には毒だって聞いたからたぶんだめだな。

と思っていましたが
調べたら

すごくいい。

ようです。


そして人間にもすごくいいんですよ。
不溶性の繊維質と溶性の繊維質が
理想的な割合1:2で含まれているそうです。

これだけで
フフフ
食べなくっちゃと思いますが

そのほか鉄分カリウムなども豊富。
しかも

身体に吸収されるのが早く、素早くエネルギーに変わるため、
体力の増強や疲労回復の効能や効果がある。

すごいわあ。
スーパーフード。
馬にあげるのが惜しくなっちゃう。

馬に乗った後
お腹がすいているときに食べると
干しブドウの砂糖ではない
すっきりした甘さに魅了されます。

ますます馬にあげるのは惜しいな。

でもホリーもキーラも
瞳をキラキラさせて咀嚼して
サルタナ大好き
なのを体中で表現して
かわゆいのだ。
IMG_4050.jpg IMG_4047_20180531184600fd8.jpg
数粒ポケットにいれて簡単に持ち運べるので
ご褒美にちょこっとあげるのに便利です。

小さいので手のひらに乗せて
上手にあげましょう。
慣れないと指を噛まれるかも。
注意してください。




スポンサーサイト

アルテミスの痛み止め

IMG_20180308_105443.jpg 
泊りがけで歯の治療に行ってきたアルテミス。
どうもホリーと仲が悪いらしく
別パドックにいます。

ダニーデンに出張する博士から
私が留守中アルテミスにシリンジ(注射器)で
痛み止めを飲ませてね。

と頼まれました。

1投与20ドルもする高額痛み止めなので
もし アルテミスが嫌がって 
失敗しそうならしなくていい。

と言われていますが

痛み止めを飲まさないと
どうも痛くて草が食べられない様子。

が、リードロープを持って近づくと
アルテミスはひょいひょいと私を躱して逃げて行きます。

・・・ 
ターマそっくり・・・

じっとしてしばらく観察していると
今度は近づいてくるんだな。

こんなことを繰り返して
なんとかリードロープを付けましたが
おとなしく飲むアルテミスではありません。

シリンジ片手に鼻をおさえても
首をあげて抵抗するわ
ひょいひょい動いた上に私を押しつぶそうとするので
身の危険も感じ

ああもうだめ・・・

とあきらめました。

1時間くらいほっておきましたが
まったく草をたべないアルテミス。
ああやせてしまうではないか。

再度挑戦。

リードロープを取り出しましたが
すぐにはつけず
ゲートにかけておきました。

5分くらいすると近づいてきたので
問答無用で取り押さえ

まあなんてことはないのですが
(初回はつながずに飲ませようとしたのが敗因)
つなぎ場に短めにつなぎ

シリンジをとりだして
あっというまに口に入れたら
抵抗せずにしかもおいしそうにごっくんと飲み干しました。

無事飲み終えると
嬉しそうに草を食べ始めた
アルテミス

この痛み止めは即効性があるのか
それとも プラシーボ効果かしらん。

美味しいしよく効くんだから
もっと素直に飲んで欲しいわあ。

馬が食事をしないというのは
ほんとうに心配なものです。





ニュージーランドで暮らしていて
自動車のタイヤがパンクしたことが
2度あります。

hole.jpg



最初は 道路のアスファルトに 20cm位の穴が
開いてるのに気づかず
暗闇の中 60キロくらいで走り抜け

ガクンときました。
そのままキュルキュル鳴らしながら
家まで5kmくらい?
強引に運転しつづけ
ホイールごと交換になったのはいうまでもありません。

先日の大雨 洪水 非常事態宣言の後
道路のあちこちに穴が開き、
この穴を避けながら運転するのはなかなか至難です。

気分はドリフトレーサー。

一度だけ
穴に気づいたけど
対向車が来るのでよけられず

ズドンと落ちたときは
心が暗くなりました。

時速80kmの道路なので
避けようがなかったといいたい。

でも 今度は 穴があるところでは
ゆっくり運転しようと誓いました。

タイヤは無事でした 

2度目は装蹄師さんが来ていたところを
うっかり 車で通り抜けたとき。


装蹄の釘を踏みつけてそのまま家まで
35kmくらいかな?運転しました。

小さい釘だったので
空気は静かに抜けていき
全然気づきませんでした。

翌日家の人が変ねと思い
釘を見つけました。


装蹄師さんが来た後、
丁寧に掃き掃除することは
重要事項です。

釘といえば
だいぶ前ですが

キャロリンの愛馬モンティーが
蹄の裏に大きな釘を刺したことがあります。

しばらく気づかなかったから怖い。

私が裏堀したとき
この釘なんだろう?

と思ったのですが

nail.jpg


見事なまでに刺さり抜け
まるで装蹄の一部のようだったので
すぐにはわからなかったのです。

キャロリンに言いましたが

今忙しい

と相手にしてもらえず

そのまま乗っちゃったからすごい。

乗り終わった後
どうしても気になったので
キャロリンに確認するようにお願いして

ことの重大さに気づきました。

キャロリンがすぐに引き抜いたのですが
5cmくらいの大きな釘
どこで刺したの???

金属の怪我は破傷風の
危険があります。

翌日すぐに獣医に来てもらい
テタナスの注射をして
幸い大事に至りませんでした。

運が良かったのよ。

ちなみに釘のささった馬の乗り心地、

うん ちょっとつまったような
変な感じはしたのよ。
でも 釘が刺さってるとは思わなかったわ

だそうです。

monti2.jpg
モンティが雑誌に載ってました






床下浸水

少し前の7月22日
クライストチャーチ 
大雨に見舞われ
あちこちで洪水になり

非常事態宣言

が発令されました。

ホリーの借りているパドックは
今までもそうでしたが
地盤が低めで
大雨が降ると 浸水してしまう可能性が
高い地域です。

なので大雨注意報が出ると気がかりで
落ち着きません。

地主さんの話では
大きな水たまりはできるけど
浸水したりはしないから

大丈V

ということでしたが

マリアンも留守にしていて

この危機を独りで乗り切れるだろうか。

眠れない夜が続きました。

大雨警報の前日に
地主さんの意向で
ホリーたち3頭を
ぬかるんだパドックから
ややぬかるみにくいパドックへ移動しました。
(借りている土地ではなく地主さんのプライベートランド)

やれやれ
あちこちの浸水のニュースに心が痛むけど
馬は今回はひとまず大丈夫かな。

と思ってました。

が、

干し草を収納している
コンテイナーが
ちょうど水たまりのできる場所に設置したため
(木がじゃまして高台に置けなかったそうです)

最下層にあった干し草 4分の1 濡れてしまい
処分することになりました。

IMG_3943.jpg
処分した干し草と コンテイナー じゃまな木


ああもったいない。
そして濡れた干し草を動かすのも大変。

濡れた干し草は重く
またすぐに発酵してしまうので
餌にできません。

乾いているところだけせっせと
馬にあげ
すこしでも湿っているところ
は捨てました。

また厳密に仕分けることもできず
結局ほとんどは廃棄
そうしないと濡れなかった干し草もすぐ
だめになります。

留守にしていたマリアン博士
急遽クライストチャーチに舞い戻り
干し草救出作戦の
陣頭指揮をとりました。


四分の一は捨てることになりましたが
今年の冬用にはまだ十分あるし
馬も元気なので

まあ良かったかなと思ってます。

8月になってから
今年初めての仔羊を見ました。


春はもうすぐそこまで来ています。


祝 パンダの赤ちゃん
さっそく名前を応募



IMG_3942.jpg
嵐のどさくさに紛れて迷い込んできた隣家のブラックシープ

IMG_3944.jpg
嵐を無事生き延びた3頭









グルサコミン MSM 小袋

IMG_3565.jpg

ホリーの関節のサプリメント
グルサコミン 大匙1-2
MSM      大匙半分
(どちらもパウダーです)

というのを手早く餌に混ぜるアイディア

グルサコミンとMSMをまぜた薬袋を折り紙で作りました。




微妙に漏れるので
20袋くらいをジップロックの袋に入れて
ホースギアバックに入れてます。

いつでもさささと餌に混ぜられてなかなか便利。

more...

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる