ランギオラODE 2017

ここ3年 競技会運が良くて
ずっと晴天続きでしたが
ランギオラの総合競技はあいにくの雨模様。

総合競技は1日が長いので
雨だと憂鬱 
前日からの大雨で地面は滑るし・・・

でもイベンティグ(総合競技)
の参加者は 雨をものともしないタフな方たちばかり。

参加を見送ったのは 私のクラスは21人中たった’2人でした。
月曜日の参加者は 約200名
日曜日もそれぐらいだから のべ400名の大きな大会です。

小雨でしかもたまに降るだけだったのでほとんど濡れませんでしたが
寒いし
グラウンドがヌルヌル~。

第一障害でヌルっとホリーが滑ったので
その後は速歩でまわり、 タイムエラーがついてしまいました。

クロカンは滑り出しは順調でしたが
斜めの地面に 障害が横たわり
踏切りも着地も斜めの地面というのが思ったより難しく

slope.jpg
こんなかんじです

着地に失敗して
ホリーちゃん暴走。
なんとか巻きのりをしてやりすごし


次は坂の頂上にある障害。
難しいのでゆっくり行ったら1拒止。

images_20170611165412508.jpg
イメージ 実際は障害は低く スロープも緩やか。


気を取り直して飛びなおしたけど
その後、下り坂なんだもん。
涙が出ちゃった。

これも着地に失敗したのか下り坂でバランスをくずしたのか
またもや暴走したのを 
坂を下ってから巻き乗りで速度を落としました。

この2度の暴走で
風前の灯だった闘志をすっかり失い
もうあるがままでゴールを目指しました。

拒止のペナルティーに加え大幅なタイムオーバーの減点。

わからないのはね、
なんでこんなにヌルヌルなのに
みなさん、元気活発に走り回ってるのかしら。

救急車も2回出動したような音を聞いたけど
そんなことは 眼中に無いのよ。

たしかに、
ヌルっと滑ったのは第一障害だけで
クロカンはベチャベチャしてやりにくい印象はあったけど
よく覚えていないけど滑らなかったかも。

滑っても跳ねても全然気にしないカテゴリーのマリアン博士。
6位入賞。
商品の
保険会社の帽子とペコちゃんのペロペロキャンディーを
ありがたい言葉を添えて分けてくれました。

もっと馬を信じましょう。

ホリーちゃんごめんね。


ただ今回は 障害もクロカンも

スタートを切ると同時に
ホリーが待ってたかのように
綺麗にすっと前に駆歩をしました。
私とホリーの息は最近ぴったんこです。


IMG_3799.jpg
ランギオラのおしゃれな 溝(ティッチ)障害



スポンサーサイト

ワイホウラ ODE

今シーズン最初のイベンティング(総合競技)
ホリーも絶好調で準備万端

でしたが

申し込み後 キャンセル待ちのメールが届きました。
がっかりしているところ
マリアンだけ 参加の許可が出て
同じ日に申し込んだのに・・・・


なんでやねん!

博士は スタッフボランティアに
も知り合いの名前で申し込んだから
優先順位があがったようです。

が、3日前に
私にも参加許可がおり
喜んで転こんでたら

オンラインのプログラムに私の名前がなく
(参加する意思のある私のメールが届かなかった?)
と焦って 
前夜 
ワイホウラの 事務局のみなさんに
あちこち電話しちゃいました。
夕方5時をすぎていたのでなかなか通じず

結局確認がとれないまま
当日現地に行ったらちゃんとバックナンバーをもらえました。

こんなミソがついたせいか
もちろん関係はないんだけど

馬場も 大ミス(恥ずかしくて書けないくらい 審査員激怒)
障害も (2拒止)
クロカン (1拒止 迷子でタイムエラー 間違えて簡単オプションジャンプ飛越  )

 

あらまあ どうしたの?


6位入賞のマリアン博士に呆れられましたが
前回は クロカンのコースエラーで 
失権だったから。
いいの。 
完遂したもの。
馬場の16位から 総合は11位だったし。

IMG_3751.jpg


ワイホウラのクロカンコースは
森を抜ける楽しい設定ですが
森を抜けてるときに この道であってんのかな
ってつい不安になって速度が落ちちゃうんです。
(タイムエラー)


コースもついまっすぐ行きたくなるところ
曲がらなくてはいけない
というのが何か所かあるし。

良いコースだけど
難しい
と 思います。

いいかえると
馬場で失敗しても
クロカンをクリアすれば
挽回の余地ありです。

ランギオラODEは馬場の順位がそのまま
総合の順位になっていたのと対照的。


そうそう 授賞式のとき
となりに座ったかわゆい女の子が
今年の12月にクラスで日本に行くのよ。
と話しかけてきました。

私は乗馬が大好きです。

とそりゃあ見事な発音の日本語で
もう感心することしきり。

NZは 親日家が多いです。



IMG_3752.jpg
障害はシンプルなコースプラン








エルスメア ドレッサージュ2017

IMG_3700.jpg
新居で興奮する キーラ アラブの熱い血?



download2a.jpg
新居のホリーとキーラ は親子

久しぶりの競技会。

大好きなエルスメアの競技会に参加するのを
年明けから楽しみにしていました。

が 引っ越し騒ぎで
参加が危ぶまれましたが
マリアンが絶対なんとかしてくれるわ。

って信じてたもの。

博士の多大なる功労のおかげで
無事参加がかない
新居から初めてのウキウキ外出です。


受付でバックナンバーを受け取るときから

あら~
あなた去年も参加したわよね~
覚えてるわ~

という好感度100パーセントのおもてなしです。

エルスメアの会場は
準備馬場も広く
落ち着いてゆっくり調整でき、
のびやかに競技できるのも◎

ここ3年、連続出場しています。

エルスメアカレッジの生徒さんが

日本への修学旅行の資金集めのための
募金集めを兼ねた
ソーセージバーベキューの販売をしていました。

sizzle.jpg


募金集めといえど格安 通常の値段で
こんなんで資金集まるのかなと心配しちゃいますが
NZってこんな感じ、たぶん。

日本人を代表して
ほんの少し募金に協力したら

拍手喝采していただきました。

さて競技の結果

マリアン博士

2位と1位

さすがですね~

わたし

3位と6位

まあこんな感じでしょう。

最近ホリーとの息がぴったりで
審査の先生に

Beautiful Halt !!!

って褒めてもらったもんね。

でも

Try to make greater use of legs
rather than hands to position horse.

という 注意も
たしかに
6位のときのビデオを見ると

なんでこんなに
というくらい
拳があちこち動いていて

なにやってるのかしら・・・
と思いました。








国立馬術センターでのODE

IMG_3416.jpg
風光明美な会場

ホリー号でマクリーンズアイランドの
総合競技に出場しました。(65cm)

IMG_3417.jpg
クロカンのコース

IMG_3418.jpg
ぬいぐるみがかわいい障害


会場は国立施設だけど
主催はスプリングストンポニークラブなので
いつもと同じカンタベリー地区の競技会です。

参加費がちょっと高かった上に
ウェブ管理費、3ドルくらいだったかな?
徴収されましたが
ものすごく手際も段取りも良い競技会でした。

5日前に競技者の馬場個人開始時刻が分単位通知され、
障害 クロスカントリーも
大まかな順番は決まっていますが
準備のできた人馬から登録してスタートできます。

また クロスカントリー 最後の選手が終わった5分後に
総合順位が発表
(通常集計に1-2時間またされます)
すばらしくハイテクな競技会でした。

馬場、クロカンの結果が携帯電話に
瞬時に送られるのも素晴らしいシステムです。


今回 マリアンが総合11位
私は 総合12位でした。

2人とも馬場の成績がいまひとつ。




冬の早朝、まだ霜が解けきっていない
芝での馬場。

蹄鉄をはいていないので
馬たちは
足場のグリップの感触の違いに敏感になり
微妙に対応できなかったようです。



蹄鉄をはいていると
こういう微妙な違いが馬に感じにくい。

安定した状況で乗れる

のであれば
やはり 蹄鉄をはかせるのは
常時競技をする馬には
必要なことなのだ

思いました。


ただホリーは

ウオームアップを砂の馬場でしていれば
霜の降りた芝の足場でも大丈夫だったかな
とおもいました。


キーラたんは
砂馬場で準備運動したときは完璧な仕上がりだったけど
芝に出たとたん調子狂ったとのこと。

このへんが 経験豊富なホリーと差がでるところです。


IMG_3423.jpg


IMG_3422.jpg


似たもの親子の ホリーとキーラ






























ランギオラ ODE

おめでとうございます。
総合馬術 6位入賞。

クロカンやっとミスなしでクリアしました。

方向音痴の私が伝授するクロカン攻略法。

ズバリ


コースの下見をしたら
そのまますぐ逆にコースをたどります。

16番から15番

15番に戻ったらもう一度16番への行き方を確認。

次の障害が見える場合は問題ありませんが
見えない場合は必ず目印を確認しておきます。

15番を飛ぶときに
あの大きな木を見て16番へ


というかんじ。

14番に戻ったら15番を目で確認。
これをスタートラインに戻るまでします。

同じ下見を2回するより
ずっと効果的。



おかげで迷いなく
程よいテンポで全てクリアできました。

最後の障害を飛ぶ前に
愛馬がトイレ休憩をしたのには焦りましたが

もうホリーちゃんたら・・・

制限時間ぴったしの5分9秒でした。

いや、危なかったわ。


この逆コース
ショウジャンプはもちろん
馬場のテストの暗記でも試してみると
記憶があやふや=弱点
がわかっておもしろいです。

スタートボックスで
スタッフのかっこいいお兄さんが
話しかけてきました。

君日本人?
僕の奥さん日本人だよ。
日本語もばっちしさ!


まあ こんな素敵な旦那さまなんて
奥さんなんてラッキーなのかしら。

と思いましたが声にはせず、

えーすごい。
じゃあ頑張って行ってきますね~

いってらっしゃい~

と日本的な会話をたのしみました。

スタートをきるときは
日本語ではなくて


ゴー!!ホリー!!!


00293_Capture_5.jpg
スタートボックスを出たところ


00293_Capture.jpg










プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる