ロードライディング

ペギーの前肢、すぐに快復しました。
今回は軽症でしたが
前回の屈腱炎騒ぎがあるので
ペギーたんで障害はしない方がいいのかもしれません。

郊外に住むペギーは道路ライディングができます。
日課はブロック一周の8kmコース。

ロードライディングでは
短鞭を道路側に持ち、
物見をしても

決して道路に逃げないようにする

のが鉄則です。

なんだけど

もし両側の前肢、肩をまっすぐレールのように保てれば
横跳ねの心配をしなくていい
物見をしても
前にアンバランスに出るだけなら
ずっと楽にコントロールできる

ということに気づきました。

まっすぐ保つポイントは
拳を低くして
馬の首の付け根、肩の先に
ぴったり両手綱が沿っていること。

ペギーぐらいの熟練馬は
物見といっても
それをきっかけにちょっと反抗してやろう
と思ってるだけで
ほんとに驚いてるわけではないんです。

なので叱ってやれば
物見はしても
おおげさに反応することはなくなります。

さてお馬さんを叱るときはどうするでしょう??

クゥオラ~
と叱責??

でもいいですが

短鞭で肩をたたくというのが
わかりやすいと思います。

ペチペチ
ぐらいの力加減で。

鞭を入れるのは 前に進めるとき

とずっと思ってたのですが

お仕置きにも使えます。
愛の鞭ですねん。

いままでペギーが横にそれると
落ちないように私のバランスを保つ
のが精一杯で
ペギーを叱るところまで気が回らなかったのですが
余裕ができたので
叱ることもできるようになりました。

さてこの外乗コース
微妙に下り坂になっているポイントが 3か所あります。

スピードのある速歩で乗っていると
この坂でペギーがバランスをくずして
スピードが出すぎたり
勝手に駈歩になったりして
いつもひやひやしてました。

それも閃いて解決、!

下り坂の手前で少し速度を落とし
ペギーのバランスを整えてやります。
すると 軽やかなリズム、バランスを綺麗に保ったまま
下り坂を抜けることができました。



馬術稽古研究会推奨のビデオ



この中山大障害のビデオ、
最近毎日見てるのですが

下り坂がありますが、
レースなのでみなさん
スピードを落とすというこはありません。

いったいどうやって
バランス保ってるんだ???

だいたい この騎乗姿勢、スピードで
なんで高さ1メートル強 横幅2メートルの障害飛べるのよ。
水郷は3m70cmですって。

雲の上の人たちです。












スポンサーサイト
プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる