しっぽの謎 

ホリーの尻尾の毛を食べたのは誰?

とマリアンが怒ったときは

そんなことあるんかいな。

と思いましたが
日に日に短くなるホリーの尻尾の毛を見て
事態が深刻であることに気づきました。

一般に、フィリー(4歳以下の牝馬)が
退屈して、口さみしい、ビタミンミネラルが不足している
などの状況になると、
お母さん馬や、友達の馬のしっぽをかみかみして食べることがある
ようです。

若い馬はなんでも噛みたがるからね。


現在ホリーは専用パドックに放牧してますが、
右隣には ちょうど4歳のアナちゃん、
左隣には おなじ4歳のキーラちゃんと 弱冠10歳のターマがいます。

3頭のどの馬も疑わしいのですが

いつも近くにいるので
プライムサスペクトが アナちゃんになっています。

DSC_3519.jpg
アナ と ホリー



でもね、
実は私がホリーの尻尾の手入れをするのに

油とお酢をまぜた液体を尻尾の毛にぬる

というのを実践していて、
油がサラダオイル

この油の匂いが馬の食欲を刺激するのではないかというので
即刻 酢油液 禁止、
シャンプーにて油をおとすことになりました。

しっぽのシャンプー
いくら洗っても洗っても
ドック(尻尾の骨がある部分)に水がしみこまず
なかなか綺麗になりません。

お湯がなく水で洗ったので
1時間くらいかかりました。

今回の反省をもとに
馬のしっぽの洗い方をまとめてみました。


用意するもの

石鹸
ゴム手袋 (使うとがぜん気合がはいります)
バケツ
スポンジ (洗顔のあわ立てネットもあれば)
リンス
ぬるま湯


バケツにぬるま湯を入れて
尻尾をひたす。

ドックの部分もできるだけひたす
(ここでどこまでしっぽの上部を完全に濡らすことができるかが勝負の分かれ目)

尻尾の上の浸せない部分にはスポンジにお湯を含ませて
完全に濡らす。

(尻尾の毛を掻き分けてみると、濡れていない部分がわかります)

石鹸をあわだててしっぽを上から洗っていく
(毛の生え際を綺麗に!!!)


(ドックの部分はなんども毛を掻き分けてすこしずつ、丁寧に洗うこと)

綺麗になったら
ホースの水で丁寧に、完全に石鹸を落とす。

バケツにリンス 半カップの量を5倍くらいにうすめて
尻尾をひたす。

ひたせない部分は直接リンスをもみこむ

5分くらい放置してから、
ホースの水で完全にリンスを洗い流す。

水けをしぼる
尻尾をぐるぐる回して水をとばす。

タオルで拭く

オプションで最後にエッセンシャルオイルを2,3滴つける。
お手ごろ価格のユーカリオイルなんかがおすすめ

*尻尾の毛を食べると、お腹につまって センツウの原因になることがあります。
*油を落としても、まだ食べられちゃうようなら
最後の手段、 しっぽに食器洗剤をつけると 苦くて食べなくなるそうです。


DSC_3523.jpg
洗った後のしっぽ
誰が食べたのか レイヤー(だんだん)が入ってます





Re-Educating Racehorses: A Life After RacingRe-Educating Racehorses: A Life After Racing
(2012/05/22)
Fred Cook、Rowena Jane Simmonds 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる