常歩3種  lengthening

アラクリティで最初に習ったのが
3種類のなみあし。

日本語英訳付だと

尋常なみあし  Walk
中間なみあし  Medium Walk
伸長なみあし  Extended Walk

です(たぶん)

尋常なみあし
または 普通のなみあし
小さめのステップでのなみあし、
停止からなみあしをさせるときのなみあし


この小さい?なみあしから意識して
大きなステップのなみあしをします。

中間なみあしです。

一般に 正しいなみあし

というと この 
大きなステップの中間なみあしのこと
だと思います。

ですので なみあしをするときは
できるだけ、この 大きななみあしをしてください。
(後脚が前脚の足跡を踏む トラッキング)


中間なみあしのポイント

拳が馬の首の動きに合わせて前後する。
馬の動きに合わせて ライダーの腰が斜め右前 斜め左前に動く


このなみあしをすると
たいていの馬はリラックスします。

馬をリラックスさせることができると
なんだか上達した気分になるから 
不・思・議 

さて、もう一歩踏み込んで
伸長 なみあし

拳が馬の首の動きに合わせて前後する。
は同じですが

ライダーの腰はく斜め(横)ではなく
大きく前後します。

この違いがわかれば
なみあしはほぼマスターしたといっていいかしらん。

気を抜くとすぐ 中間なみあしにもどってしまいます。

普通ー中間ー伸長 
の違いは歩幅の大きさ
lengthening 
です。

lengtheningを変える指示は

通常の脚の位置よりほんの少し後ろを 軽くキック します。

(GO の指示は 脚をスクイーズ、しぼりこむかんじ)

ささいな違いですが 使い分けると便利

ですので
停止 スクイーズ 普通のなみあし キック 中間なみあし(腰が横に揺れるのを確認)
キック 伸長なみあし (腰が前後に揺れるのを確認)

という流れ。


腰は本来随伴なので
自然にゆれるかんじ・・・

が正しいのですが、
私は馬の動きを奨励する意味でも
意識して腰を動かすようにしています。


馬場馬術のなみあしは、4種類

収縮 なみあし
中間 なみあし
伸長 なみあし
自由 なみあし 


収縮はむずかしいのでまだしていません。
自由なみあしは 長い手綱 馬の首がぐいんと伸びて下がります。
馬場のテストによくでてきますがここでは 割愛。
       


DSC_3640.jpg
動く腰の部分



DSC_3648.jpg
中間なみあしで 腰が動くイメージ
(この写真はなみあしではないのですが このイメージだとわかりやすいので参考にしてください)

写真 図 Rider & Horse Back to Back

Rider & Horse Back to BackRider & Horse Back to Back
(2011/09/20)
Susanne Von Dietze、Isabelle Von Neumann-cosel 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

theme :
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる