wasabi

チューブに入っているわさび
実は ホースラディッッシュ

日本にいても
本わさびは高級お蕎麦屋さんかお鮨屋さんでないと
なかなか食べる機会はありません。

なんて日本通なはなし
南の最果てのこの国で
知っている人は少ないだろうなあ。

物知りの
マリアン博士とベン先生だって
チューブのわさびはホースラディッシュよん
と説明したらショックを受けていました。


さて、
このわさび風味
本物でなくて、
ホースラディッシュで十分
鼻にツーンとくるこれは

実は!

馬の鼻水を治す
最後の手段として
ここNZでは使われています。

始めたのは
ハナちゃん。

愛馬のマギーの鼻水が止まらず
獣医に大枚を叩いても
ぜんぜん治りませんでした。

そこで熱心な ハナは
NZ HORSE&PONY という月刊誌の
ハーバリスト(ハーブ療法家)
に メールで相談したら

わさび試してみたら

と回答をもらいました。

半信半疑で
朝晩2回 大匙1のわさびを与えたら

最初は


ヒヒーンと反応しましたが

概好評。
いまでは

サビ抜きのメシなんて喰ってられるかい。

と江戸っ子のように威勢がいいそうです。

そして肝心の鼻水も
すぐになおってしまいました。


さて、
マリアンのパドックでは
馬風邪が流行していてちょっと困っています。

もらってきたのは
スタリオンサービスに行ってきたホリー

ホリーは免疫があったようで
ぴんぴんしてますが、

純粋培養のキーラが鼻水&咳をはじめ
お調子者のターマにも伝染。

マリアンが何度か抗生物質を注射しましたが
治りません。

それで このわさびの話を思い出し
ダメモトで試してみました。

IMG_0389.jpg


IMG_0391.jpg



キーラたちは
咳の症状もある
あきらかに 風邪系なので
鼻水だけだった ハナのマギーとは違うけど
まあとりあえず。


注:ハイビジョンで撮影したのでデータが大きいかもしれません

The Ultimate Horse Behaviour and Training Book: A Revolutionary and Enlightened Approach for the 21st CenturyThe Ultimate Horse Behaviour and Training Book: A Revolutionary and Enlightened Approach for the 21st Century
(2006/10/12)
Linda Tellington-Jones

商品詳細を見る
ある日忙しいマリアンに頼まれて
キーラとターマに 

わさび 大匙1

をあげました。
ものすごいスパイシーな韓国産粉わさび
をねりねりしてそのまま与えたら・・・

2頭からそっぽを向かれてしまいました。
マリアンからなら食べてたくせにい。

そこで 餌にまぜ、
モラセスでさらに味をごまかして与えました。

キーラは喜んでたべたけど、
もともとあまり食い意地のはってないターマは
食べてくれませんでした・・・

あまってしまった餌は当然健康なホリーへ。

ホリーたんは
スパイシー大好き
最後の一滴までペロリとたいらげました。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる