トヨタハイラックスサーフ  1995年

2頭の馬をホースフロートに乗せて牽引するのは
馬力とトルクの大きい車が必要です。

マリアンと一緒に
森へ外乗に行きたいな。

と思っても
マリアンの車も我が家の車も1頭しか牽引できません。

2頭牽引できる車が欲しい・・・
と常々思っていましたが


車体そのものが高価だし
維持費や燃費を考えると
いっそレンタカーにした方がお得かも。

と思ったりもします。

うんうん考えていたところ

ロシア人の友、
自称元日本中古車のバイヤー
(新潟に居たことがあって
ヤクザの友人もいるんだそうですよ)
ワーニャが協力してくれて


無事
トヨタのサーフを購入できました。


ニュージーランドは日本中古車の墓場といわれるくらい
日本で今は昔大流行した
いわゆるオフロードカーとよばれる
RV SUV の四駆車、

古いものから新しいものまで、
たくさん見かけます。

IMG_1163.jpg


3000ccのターボ

たぶん2500kgまで牽引できます。

ホースフロート自体が1トン前後なので
馬500kgとすれば 2頭OK、

大きな馬だと600kg に近いので
キャロリンの 日産サファリ、
カースティンの トヨタプラド(ランクル)クラス
だと安心、
その上たぶん
3頭牽引できます。



買った車を何度か試運転して、
概良好だと感じましたが
年式が古いので
あちこちパーツを取り替えたり
調整したりに結構時間がかかりました。

購入後、2週間してやっと使用許可が下り、
先日念願の

森へ外乗

に行ってきました。


マリアン、ビュンビュン飛ばすんだもの。
何度も木に衝突する~と思った。
お尻と太ももの内側が痛い。

でも楽しかったです。











維持費がかかると書きましたが
日本に比べればそれほどではありません。

まず中古車の値段

当然ですが年式が古くなればなるほど
お買い得です。

その代わり部品の交換、修理費にお金がかかり
日本から輸入なんてケースになれば
当然お金も時間もかかります。

燃料費は日本と同じ。
(ガソリンリッター 2.20NZドル 2014年7月)

車検は半年に一度5000円くらい。

税金は 2600ccまで 年 431.25NZドル
      ~4000ccまで 年 462.30NZドル  (2014年)

30ドルの差なら
アフォーダブルですよね。

重量税って何なのかしらん。
NZにはありません。
車庫証明もなし。


自賠責に近い
サードパーティとよばれる保険料金
年 185ドル

日本より車の維持費は安いと思います。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる