Sitting Pretty

セミナーの2番目は

正しい騎乗姿勢について。

1正しい上半身


基本中の基本だけど
実はよくわかってなかったかも。


背筋を伸ばして!
身体をおこして!!

といわれて 
はりきって 背中をそらすと

101226 041


この姿勢になります。

NGです。



101101 072

正しい姿勢


この姿勢をつくるのにはコツがあります。

まず、肩も背中にも力が入っていないリラックスした
姿勢からはじめます。
221228 (313)


この姿勢から、おなかから(肩はそのままで)身体をおこします。
または 骨盤をまっすぐにおこします。


ヒップジョイントを広げる、
という言い方でわかるでしょうか。

101101 086


上図の赤線のくの字の角度を広げるイメージです。

こうすると、力の入っていない
上半身の姿勢になります。


2 随伴姿勢

常歩の歩幅を広げたいときなどに
腰で馬の背中を前に押します。

このとき!

前に押すのはOKですが、
馬の動きにあわせて後ろに押してはいけません。

前に押したら引かない。

押したら、自然にもとのポジションに戻るにまかせ、
また押すの繰り返しです。

馬の動きを大きくしたくて
つい腰を強く引きがちですが 
押すだけ 引かない イメージで腰を使うと
美しい騎乗姿の上に馬の動きもナチュラルになります。


3 手綱は引かない

馬は前に進むのですから
前進しているときは 手綱をおさえてはいけません。

ただし!
馬の動きをおさえたり、引いたりしているのは
手綱だけではないのです。

肩が馬の肩と平行でないのも
馬の動きをおさえていることになるし、

腰がひけていても、それはおさえていることになります。

つま先から頭のてっぺんまで
馬の動きをじゃましていないか 確認しましょう。

確認する方法に
110112 023
肘を高くあげて、ハミから肘までまっすぐに保ちます。

これで ゆっくり歩ければOK
馬が後退してしまうようなら、
身体のどこかが馬をひっぱっていることになります。

次回はセミナーの最後
腹筋強化計画です。
お楽しみに

参考:Improving the Rider's Position
   Riding: The True Techniques    




Improving the Rider's Position (Threshold Picture Guides)Improving the Rider's Position (Threshold Picture Guides)
(1995/01)
Joni Bently

商品詳細を見る



Riding: The True Techniques (True techniques of sport)Riding: The True Techniques (True techniques of sport)
(1991/09/26)
Lucy Rees

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

theme : 乗馬
genre : 趣味・実用

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる