Balance and Symmetrical Thinking

by Lauren Sammis
May 2015 Dressage Today

英文の記事はこちら

dt-sammis-dressage-symmetry-04.jpg



今までただただ 馬に乗っているだけでしたが
この記事で 
馬に合わせて乗る。
馬をよく観察して 欠点を補うようにして乗ること
ができるようになったと思います。

以下記事の内容にあわせて
の私の乗り方です。



馬の耳のさきっぽ、 左右同じ高さで肩に平行? 
ターンではやや外側の耳が先行してる??

馬のお尻は左右同じ?

馬の肩の位置は?

背骨を中心に馬の身体が左右対象になってる???

左右の肢は同じ重さで地面を踏んでる???

なかなか最期のチェックまですすみませんが

馬の耳を見て乗るだけで
ホリーもペギーもとても乗りやすくなりました。

たとえば直線で左の耳が前に出ていれば
できることは2つ

右の拳をほんの少し緩める
あるいは
左の拳をわずかにふるわし左をおさえる

です。


また速歩でコーナーを曲がる、あるいは輪乗りをするとき
どうしても外方の耳がおくれがちですが
その場合

私流ですが
内方の脚で馬のお腹をちょっと押します。

よくいう
内方脚から外方手綱へ

というやつかしらん?

違ってたらごめんね。

*外方の拳を少しゆるめることでも調整可

馬がなんかこう右側にかたよってると感じたときは
ほんの少し騎乗者の右側の足を鐙から浮かせます。
ちょっと右の力を抜くかんじなんだけど・・・


さてこのシンメトリー
馬だけではなく乗り手も大切。

私の耳は左右同じ高さ?
肩は?
肘は?
拳は?
坐骨は?
かかとは?? (どちらかに落ちていない??)

と自分自身をチェックしていきます。

できれば歩様の移行直前に
すべてがシンメトリーになっているか
一瞬で自分と馬を見なおすのが理想です~

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる