つなぎ場調教

1歳になったすしちゃん。

もう仔馬(*foal ) ではなく
*Filly です

(*定義はいろいろ)

ハンドリングの調教もいろいろありますが
最初の一歩は ひき馬だとおもいます。

ただこれは必要に応じてひいてしまうので
これぞ調教。という課程はなかったような。


本来
ホルターのプレッシャーと リリースで
きちんと調教すべきですが・・・

キャロリンがそんなことをしてたような
すしはちっともいうことをきいてなかったような
うやむやになっています。

さて今回は

すしを 繋ぐ 調教です。

たしか日本では
クロスタイ (両脇で繋ぐ) でしたが

こちらでは
ひき綱をそのまま使い
1本で繋ぐのが主流。

(慣れていない馬をクロスタイで繋ぐときは
注意が必要です。)


繋ぐ練習のポイントは
繋いだあと、
馬が後ろにふんばって
ロープを繋ぐ紐をひきちぎらないこと。



ひきちぎれることを覚えると
癖になり 繋ぐのがむずかしくなります。

ペギーはたいがいおとなしくつながれていますが
何かが動いて驚いたりすると
ふんばってひきちぎる悪癖があります。


この写真のように
首に輪っかをとおして繋ぐと、

じっとせず後退すると
首の上が押されて痛いから

動かないでじっとしている。

ということを学びます。

IMG_3069.jpg


このつなぎ調教、
いつからはじめるかは
いろんな考え方があり、

マリアンは2ヶ月からはじめています。

6ヶ月以降くらいが一般的かな。

仔馬は予測不可能な行動を頻繁にするので
繋いでいるあいだに
からまったり、
首を折ってしまうこともあるそうです。

繋いでいる間、
近くにいてあげれば通常はそんなことはありません。


IMG_3064.jpg
退屈~



IMG_3059.jpg
退屈だにょ~


20分くらい大人しくしていたすしですが
口で上手に つなぎロープの結びを解いて脱出に成功

最初からやりなおし、
だいたい1時間くらいで今日の練習はおしまいです。






関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる