ホースキャンプ 2011 準備編

地震前のお話です。

恒例の3泊4日の馬キャンプ。
今年も行ってきました。

今年はなんだかキャロリンも私もトラブルメーカー
(馬はお行儀よくしていたんだけど・・・)

いやあ大変だった。
ああこんなことなら家でおとなしくしてたほうが・・・
私はアウトドアなタイプではない。
とつくづく思った次第です。

キャンプは3週間前の打ち合わせ会の
バーベキューパーティーで幕を開けます。

1品もちよりで
私は 丹精込めて 

ラムカレー

を作りましたが 評判はいまひとつ。
夏のバービーで カレー
というのは しっくりいかなかったようです。

このパーティー、夜10時には皆引き上げたのですが、
キャロリンと私は 帰れない理由があり
11時30分まで居座りました。

ああ迷惑な私たち。

ホスト(獣医とサドラリーの元オーナー)は嫌な顔もせず、
暇をもてあました私たちに
ニュージーランドの海難事故のビデオを披露してくれました。
ニュージーランド人の特性ともいえる
見事なホスピタリティーの方々です。


去年のホースキャンプ
アカデミーのホースキャンプ

細かい準備の内容は過去の記事を参考にしていただくことにして
今回は 馬の脚まわり、ひづめの調整のはなし。

ペギーの装蹄はちょうど8週間目だったので
トレッキング出発前に、何が何でも装蹄する必要がありました。

キャロリンのモンティーも
トレッキング中に落蹄したら大変なので
一緒に予約。

装蹄師さんは
来て!
といっても 緊急でないかぎり
なかなか来てくれないので、
1ヶ月も前から念には念を入れて予約しておきました。

出発の2日前にとっても親切な装蹄師のショーンがきてくれました。

110121 003
ペギーとショーン

110121 001
待ってるモンティは退屈なのだ

ペギーはちょうどシーズン(発情期)ちゅうで、
パドックでつかまえる瞬間逃げたり
煙が顔にかかってプルバック(後ろ脚で立ち上がって引き手をひっぱて逃げようとする)
して
手を焼かせてくれました。

その上、ショーンから
おや、 ペギーの右後肢が少し腫れているよ。

えー
キャンプ無理かしら?

キャンプには行っても大丈夫だよ。
出発前も 軽く運動した方が
血液の循環で腫れがひくかも。
でも駈歩はしないでね。

と注意をうけました。


トレッキング用に
モンティには 少し角ばってやや重い蹄鉄、
ペギーには 押さえる鉤が2つある蹄鉄
をつけてくれました。

どちらも落蹄しにくいそうです。

アカデミーでも、
トレッキング前に
先生の馬には

スピーディーパッド

をつけていました。

DSCF3716.jpg
スピーディーパッド:
合成プラスティック板 
クッション効果
硬い場所で腱が故障するのを減少させる



蹄鉄にもいろいろあるんですね。

DSCF2470.jpg
アカデミー
の蹄鉄コレクション
トラブルメーカー


キャロリンの車がキャンプに行く途中で故障。
車は乗り捨てて、キャンプにすでに到着している人の車に
迎えに来てもらう。

110121 015
お迎えがくるまで、閉店後のカフェのお庭で休憩
左に小さく馬2頭

帰りはキャロリンのボーイフレンドが迎えにきてくれる。
途中で、キャロリンの緊急修理した車に乗り換え、
街までなんとかたどりつくも
交差点でエンコ。

110121 081
レッカーされる車と偶然通りかかったジェネル



いやあ なかなか家までたどりつきませんでしたよ。

そして私はキャンプ3日目に
急性アルコール中毒になり、
トイレにこもっていたら
看護婦さんにひきずり出されました。

恥ずかしかったなあ。

中毒は軽いものでしたので
安静にしていたら翌朝完全にすっきりと快復しましたよ。
関連記事
スポンサーサイト

theme :
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる