調教師ラビット

さて、前述の装蹄師ラビットは 調教師でもあります。

レースの馬の調教は冬でも早朝、6時頃からはじまります。
見学に行ったときは、3頭調教していました。
そのうちの1頭は翌週のオマルでのハーネスレースに出場するというので、
いつも冗談ばかり言ってるラビットもなかなか真剣な顔をしています。

ラビットは4歳の頃からもう馬に乗っていました。
アッシュバートンに住んでいたおじいさんがスタンダードブレッド
(ハーネスレース用の血統の馬)
の調教師、主に ブレイクイン
(初めて人が乗り、鞍つけから並歩、速歩、駆歩、まで調教すること)
をしていたとのこと。
学校が嫌いで、馬しか?とりえのないラビットは迷わず今の道に進んだそうです。
好きな馬は?との質問には
走るのが速い馬!


oamall(15)_20160601184415b3d.jpg

ハーネスは装備するのが大変。
普通の手綱をつけるだけでもこんがらがる私には絶対できないややこしさです。


namehouse (4)



この写真はラビットではなく、別の人が車を運転しています。

いっぺんに数多くの馬を運動させることができる 横着な方法(キャロリンより)

だそうです。





馬にソルキー(2輪車の部分)と手綱を着け、
7-8周走路を走らせて、馬装を解いて馬を洗い、次の馬に装備して。。。
この繰り返しを3回して3時間くらいでした。

namehouse (5)



それからみんなでモーニングティーを飲み、牧場にいる若い馬達に餌をやって
おしまい。

namehouse (6)



朝の調教場はちょっと朝モヤがかかっていてはりつめた空気が気持ちよかったです。
ラビットの運転する馬の2輪車の助手席?にも乗せて走路を走ってもらいました。
超特急の馬車に乗ってるかんじかな??

レースの馬はにんじん、食べないんです。
美味しいのに。


次回はオマルのハーネスレースでラビットの馬が出走したときの話をします。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる