ロードライディング(外乗)


kkkk (33)


左からジーナ、ロック、ロンダ


NZの乗馬の楽しみ方はいろいろですが、
その中でも、馬に乗ってのご近所訪問があります。

2-3KMくらい離れている家がちょうど手ごろです。
馬に乗って、
こんにちは~お久しぶり~。
と言って家人を呼び出し、10分ほどおしゃべりをして
また散歩をつづけます。

馬に乗って道路を歩いて出かけるのを、
こちらではロードライディングといいます。

馬は車に慣れてはいますし、すれ違う車も速度を落としたり、
少しよけて走ってくれます。

ただそれでもやはり大型トラックとすれちがう時はどきどきしますし、
トラクターやモーターバイクとすれちがう時はキャロリンの指示に従い、
馬から降りて、通りすぎるのを待ったりします。

以前、家を運んでいるトラックがありました。
キャンピングカーではありません。
ほんとうに、家を運んでいるんです。
一瞬見たときは、なんだトラックじゃなくて (建っている)家じゃん。
と思ったのですが、後ろから近づいてきて びゅんっつと
通りすぎた時は、私だけでなく、そりゃもう馬もびっくりしました。

最近怖い思いをしたのは、仔牛の牧場の前を通った時、
なんでも興味のある仔牛ちゃんたち、
キャロリンと私が馬に乗って歩いているのを見て
どどどと走って、作のところまで 10数頭突進してきました。

これには馬も大パニック。
まず 横っ飛びしてそのあと180度回転、
一目散に家へめがけて
帰ろうとしました。

たしかこの時、ロンダはそれほど興奮せず、
すぐに止まってくれました。

でもこれ以来
私は仔牛を見るとちょっとひやひやします。

それと私とキャロリンの散歩コースの帰り道、
木の茂みの奥に、犬が2-3匹いるお宅の前を通ります。

馬は通常犬には慣れていますが、
茂みで見えないものの気配が馬は嫌い。
ここではよく馬が横とびするので要注意。


先日、散歩の帰り道、草がたくさん生えている場所で
少し止まって、馬に草を食べさせていました。

遠くで犬が2頭走っているのが見えたのですが、
気にせず草を食べさせていました。、
少ししてロンダが遠くの生き物の(犬)気配に気付いたようす。

最初すこしきょときょとして、
そのあとロンダの心拍数が速くなるのが
乗っていてわかりました。
(何かわからないけれど、遠くで生き物が走っている・・・?)

あれ、あれ、大丈夫かなあ。
と思ったら、急に勝手に速歩をしだして・・・
なかなか止まってくれませんでした。

馬がいつもと違う様子のときは要注意、
そんな時、乗り手はよりいっそう冷静に対処しなくては
いけないのですが、私はつい馬と一緒に
大慌てしてしまいます。

キャロリンに言わせると、
不二子まだまだね・・・・
だそうです。


kkkk (49)


春先には親子連れに出くわすことも・・
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる