じゃじゃ馬 ジーナ



fc (12)


裸馬のジーナに乗るキャロリン

ジーナは我が家の子馬くんの異母姉、
キャロリンのブリーディング馬です。

ジーナは丈夫で病気や怪我で乗れないということは今まで一度もありません。
これに比べ、ロンダは
脚を柵にひっかけて出血したり、
びっこだったり、
蹄が割れて、治療のため休養したりと、
なんだかんだ、一年の半分以上乗れません。

またジーナはお父さん(半血クライドサドル)ゆずりのどっしりした体格、
背中はとても柔らかく、
まっすぐズシリズシリと速歩をする姿は審査員の印象もよく、
馬場馬術でも高得点、
またそのありあまる体力から
障害もものともせず、ばんばん飛ぶので
障害飛越、クロスカントリーもOK、

ロンダのように、他の馬に対するヒステリーもありません。

ただ若い馬(現在6歳)にありがちな、
物見、何かに対する極度な緊張はままあります。

さて、こんな無限の可能性を秘めた将来有望、スーパースターの卵であるジーナですが
やはり欠点はあります。

人間に対して気が強いというか、
とにかく力強いので、制御不能です。

専門のトレナーがじっくり調教すればもっと違うのではないかと思うのですが・・・

私は最近2度蹴られました。
1回目は、私の不注意だったのですが、
2度目は、ジーナが草を食べている最中、
無理やり引き馬をしようとした瞬間、
ぱっとジーナの眼が三角になり、耳が下がって、くるり ぱんっつ
と蹴られました。
瞬間ジーナの殺気を感じました。
ジーナのように強いオーラを出す馬にあったのは初めてです。

2-3年前は私もジーナに乗って駆歩もしていたのですが、
ある日ジーナがへそを曲げ、
まったく動いてくれなくなりました。
蹴ってもたたいてもその場で前脚をあげたり、後脚をあげたりするだけで、
前進しません。

その後、キャロリンの指導の下で数回乗ってはいますが、
蹴られてからは、もう乗る前にジーナに負けてるようで、
乗るにしてもおそるおそるです。

こんなジーナですが、キャロリンは気にもせず、
時間があれば、ばんばん乗っています。

ほんとに見ていてはらはらすることもあるのですが・・・

そしてついに先日、キャロリン、ジーナから落馬しました。

キャロリン曰く、ジーナの様子がおかしいので、
速歩で輪乗りをしていて、
手前を変えようとした瞬間、
ちょっとばたばたしたと思ったら、くるっと逆方向を向き、
ジャンプしながら後ろ脚で立ち上がりました。

怖かった・・
見ていてほんとに・・・

落ちたキャロリンもこのときはさすがに、びっくりした様子でした。

すぐに調馬索で、調教し、その後すかさず乗っていましたが・・・

とにかくキャロリンに怪我がなくてよかったです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる