真夜中の大脱走



8月の寒い夜、
子猫のキキを湯たんぽにしてぬくぬくと寝ていると、

カッパカッパカッパカッパ

とリズミカルな4拍子が窓の外から聞こえてきました。

???
見事な4拍子の馬の足音、どうしてすぐそばから
聞こえてくるの???

夢かしらん????


とりあえず窓から外をのぞくとしーんと静まり返った真っ暗な闇。

今のはなんだったのかしら??

ベッドにもどり、
子猫のキキを抱きかかえてまた眠ろうとすると、

今度は
 
パカランパカラン

という駆歩の音に

ひひひひーん

と馬のいななく声がすぐそばから聞こえてくるではありませんか。

これは間違いなく、馬がどこからか脱走して、
我が家の庭を闊歩しているに違いません。

とりあえずパジャマに手袋、帽子、靴下を身に付け、
長靴をはいて外へ出ました。(深夜2時30分)

すると黒い影がわたしに向かって突進してきました。

私のすぐ目の前で急停止して鼻息荒く
しているのは。。。

子馬くんでした。

どうも青草を求めてさすらっているうちに、
木の隙間を抜けて、庭に出てしまったようです。

大好きなおにいちゃんのスクワートのところに
戻りたいけど、行きはよいよい帰りはダメよ、
で戻れなくなってパニクッているところに、

いつもにんじんをくれたり、子馬くんを枕代わりに
昼寝をするお姉さんがやってきたので、

助けて~

と言っているようです。

でも興奮しているので、素直に私の後をついてきません。

困ったなあ。と思っていたところ、

頼りにならん!

と思ったのか、
庭の茂みの方へ行ってしまい、
暗闇の中姿を見失ってしまいました。

懐中電灯を探したけど見つかりません。
ああ。 災害があったら一番に被害に会いそう、
緊急時に役にたたないタイプです。

とりあえず馬をひく紐、ロープはないか探しに
家の中へ戻りました。

黒い丈夫そうな紐をなんとか発見。

勇気を出して暗闇の茂みに戻ると
子馬くん 木に身体をこすり付けて、
なんとかパドックにもどろうとしている様子。

優しく声をかけつつ
紐をムクチに取り付けてひっぱると
今度は素直についてきました。

子馬くん、無事生還。
キャロリンが日ごろ、引き馬の練習をしていたおかげで
特に暴れることなく素直についてきました。
いやあよかったよかった。


FMARCH (22)1



さて馬の脱走、たまにあります。

我が家ではたしか2年前、これまた深夜電話がかかってきて
近所にあずけていた馬が逃げたという連絡。

キャロリンとギルが車に乗って捜索に出かけました。

実はこれは我が家の馬ではなく
別の人の馬だったということで
ちょっと人騒がせな一件でした。

そのほかには、鹿のソフィーが門を開けてしまい、
我が家の馬と鹿が 連なって道路で草を食べているところ、
近所の人が発見、ギルの仕事先に電話をしてくれて
無事連れ戻したこともあります。

基本的に馬はあまり家から逃げることはありませんが、
それでもたまに、あるので要注意です。


fcf (111)


寒い夜にはかかせない子猫のキキ

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる