ガイフォークスの日のできごと



ガイ・フォークスはイギリス人、
なんでも国会爆破を企てた反逆者だったそうですが、
現在、爆破計画の11月5日はガイフォークスの日として、
イギリス文化の及ぶ地域では花火を楽しみます。

NZでも、
11月の第一土曜日はあちらこちらで花火大会があがります。

またNZではこの日の前後しか お店で花火を売ることができないそうです。

夏の間、いつでも花火を買うことができる日本と違い、
NZ人はあまり自前の花火になれていません。

花火イコール火の始末。
という常識のないこの国では、
あちらこちらで火災が発生して
消防署は大忙しです。

クライストチャーチでは 
ニューブライトンの海辺での花火が有名ですが、
我が家では 近所のロールストンの花火大会に出かけます。

この花火、我が家のパドックからも見えるので、
お馬さんたちも毎年楽しみにしているかもしれません。

ジーナは今年の花火を見ることができませんでした。
花火大会のある日の午後、
新しいオーナーの、ちょっとバンカラなカップルと一緒に、
ブレナムという街へ旅立って行きました。

なかなかフロートに乗らず、
どうなることかと思いましたが、
新しいオーナーは、 暴れるジーナに動じることなく、
また ジーナも少しとまどいながらも
今度の頼もしいオーナーのことが
気に入ったように見えました。

2週間のお試し期間の後、
改めて、ジーナを買うかどうか、
返事をするそうです。

ジーナを買いたいというオファー、
実は北島のオークランドからの方が多かったのです。

でも北へ行ってしまったら、
もうジーナには2度と会うことはないでしょう。

南島にいる限り、
ジーナの噂を聞いたり、活躍を見ることができるかもしれません。

現在、4頭しかいないパドック、
ぽっかり何かが抜けているような、
ものたりないような、
さびしい気分です。

XOR (46)


力強い駆歩のジーナ

XOR (16)


おっと暴れています。

XOR (17)


ロンダも負けてはいられません・・・


さて 話は変わり、
今年の花火を初めて見た子馬くん、
最初はちょっとびっくり、でも綺麗で華やかな花火、
お兄ちゃんのスクワートと仲良く見学しました。

そして、翌日、子馬くん、初めてフロートへ乗って、
ナショナル馬場馬術センターのある、
マクリーンアイランドへお出かけをしました。

初めて見る馬場、
多くの馬や人、車、
最初はキョトキョト落ち着かない様子だったそうです。

スクワートと一緒に連れて行ったのですが、
両馬とも 借りてきた猫?のように大人しくしていたとのこと。

今回は特に、ショウや試合があったわけではありません
ただ、子馬くんの外出の練習でつれて行きました。


馬はナイーブな動物ですので、
こんな風に少しづつ、いろんな事に慣れさせて行きます。

sqf (17)


スクワートと同じ背丈になった子馬くん

さてさて蛇足ですが、
メルボルンカップの結果です。
私の情報が交錯していてご迷惑をおかけいたしました。

日本馬大活躍!!です。
1位 デルタブルース (日本)
2位 ポップロック  (日本)
3位 メイビーベター (オーストラリア)


1位と2位は日本馬の鼻差で大いに盛り上がったレースでした。

私はポップロックに$10 プレイスでかけたので、
$36.50になって戻ってきました。

でも NZの馬 エフィシャントにもハッタので
ちょっと損もしてます。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる