ナチュラルホースマンシップ ・オタフナホーストレック



HB (90)


まだ キャロリンの家に下宿を始めて間もない頃、
背が高くてハンサムな Kくんから電話がかかってきました。

彼は日本の大学馬術部のたたきあげ、
またオーストラリアで競走馬の調教をしていたこともある
馬の大ベテランです。

最近日本から美人の奥さんを呼び寄せたこともあり、
やたら幸せそうな声です。

・・・ということで クライストチャーチに新しい馬のトレッキングが
できたんたよ。
フーちゃんが興味あるならうちのと案内するぜ!

こういったアクティビティは一人で参加するより二人のほうが
値段も安く、心強いものです。
下宿先のドラ娘 ジェネルをつれて
さっそく出かけていきました。

HB (82)

ジェネル


オタフナホーストレッキングへ到着すると
Kくんと美人の奥さんは 仲良く馬の準備をしています。

肘でお互いをつつきあったりして
アツアツぶりがうかがえます。

そしてKくんが紹介してくれたのが、
ここのオーナーのケイトでした。

ケイトは夢見る少女のようなホワッツとした雰囲気としゃべり方
をします。
初対面の私をムギュっと抱きしめて、


まあ、Kの日本のお友達ね!
なんてかわいらしいのかしら!!
そのキュロットとブーツもすてき!
今日は来てくれるのを楽しみにしてたのよ!!

むぎゅっとされながら歓待をされて、
すっかり調子に乗った私とジェネルは
ケイトにいろいろ質問をしながら、
ナチュラルホースマンシップのいろはを習いました。


ナチュラルホースマンシップは
オーストラリアが発祥の地だそうです。

私のイメージだと、
映画のホースウイスパラー、
ロバートレッドフォードが馬にささやいている
あのロマッチックな映像が頭にうかびます。

こちらはあたらずもとうからず、
ただ本物のホースウィスパラー モンティ・ロバーツは
ごく普通の丸顔で、鼻とほっぺが赤いちょっと小太りのおじさんです。
現実とははこんなものでしょう。

我が家ではキャロリンが
ジーナでナチュホースを実践してホースフロートに乗らなくなってしまった、
という 暗い過去があり、あまり積極的ではありませんが、
それでもその考え方は、馬に接する上で大変参考になります。


ナチュラルホースマンシップとは・・・

馬の習性をよく理解して、
力で押さえつけるのではなく、より自然に馬とコミュニケーションを取りながら、
安全に乗馬を楽しむ。

習性
1、草食動物・・・とてもおびえやすい
2、グループで行動する・・・序列、リーダとそれに従うものが存在する

この習性を理解し、馬とコミュニケーションをとるために、
馬に乗る前に、ゲームと呼ばれる、ロープワークをします。


普通の乗馬と大きな違いは
通常、馬の口に鉄のハミを入れて操縦しますが、
ハミを使わず、また、ホルター(無口頭絡)にロープをつけ手綱にして、馬に乗ります。

Rotation of F1010023

後ろの女性がケイト


実際に乗ると、多少指示の出し方が違うのですが、
それほど普通の乗り方と変わらないように思います。

オタフナホーストレック
場所:市の南20KM タイタプという町の近く
コース:1時間30分、2時間30分
そのほかに子供向けのプログラムがあり、大変人気があるようです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる