馬の歯医者さん



新しい馬が来たとき
キャロリンが まずするのは、

①ウォーム(寄生虫の除去)

②歯のチェック

③カイロプラテック(筋肉、骨に異常がないか)

ハリー
http://www.blogaboutnz.com/horse/archives/cat124/index.html
が来たときも
すぐ歯医者さんに来て貰いました。


スクワート
http://www.blogaboutnz.com/horse/archives/cat122/index.html
もそろそろ
検診が必要だったのですが、

まだいいかなぁ~

と思ってハリーと一緒に見てもらわなかったのが
大後悔の始まりでした。

そのすぐ後で、スクワートも歯の治療が必要
(奥歯がとんがってきている)
なのを発見し、

年が明けたらジェラルド(歯医者さん)
に来てもらわなくちゃ!!

ところが ジェラルド先生、ホリデイで、
戻るのは2月。

2月になってやっと連絡が取れたら、
3月まで予定が一杯で来られないという返事。

が~ん。
そんなに待つの???

待っている間、
スクワートに乗れなくはなかったのですが・・・

とがった歯が痛いのか
ジェネル
http://www.blogaboutnz.com/horse/archives/cat119/index.htmlを乗せて暴走したり、
暴走して、厩に戻ろうとしたり。

輪乗り(直径20Mくらいの円形を描くように乗る)
をしていても、突然外方に走りだしたり・・・

物音に異常に反応するし、
キャロリンでさえ 手に負えなくなるしまつ。

ああ・・・
あの時ジェラルド先生に診てもらっていれば。

スクワートの様子がおかしいのは
歯だけではないのですが。
(今年は雨の多い夏で NZでは珍しい夏の野生の青草・・例年夏はあまり草が生えない・・
を満喫した サラブレッドは、異常に興奮したり、アレルギーが出たそうです)

でも歯も一因なのは確かなので
厳しく調教できず、
乗っていても疑心暗鬼になってしまいます。

そうこうしているうちに
スクワートを門に挟み
怪我をさせてしまいました。

3月、ジェラルド先生が来るのが
どんなに待ち遠しかったことか!!

dent (21)


歯医者さんのジェラルド先生と スクワート

dent (6)

先生の診療七つ道具

dent (35)

よくうがいをしてオシマイ

次回は1年後
料金は$70 でした。

dent (38)

馬 歯カルテ

ジェラルド先生曰く、

私の友人が馬の歯医者の学校の先生をしています。
今、日本人の生徒が2人いて・・・

ほうほう


その内の一人はとっても優秀なんだよ。
いや、 2人とも優秀なんだけどね。

だそうです。

日本人はいつでも 優秀に決まっているわ.


と鼻を高くした次第です。

新しい蹄鉄を着けたばかり、
歯の治療も済んで今が 旬の スクワート

でも私の指のギブスはまだ取れません。

いつになったら乗れるのかしらん。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる