ポーラ先生怒る

110522 033
ペギーを調教しているポーラ先生

ペギーはあなたには強すぎるし、グリーン(未調教)すぎる。
このままペギーで練習しても時間の無駄です。

がーん。

いつまでたってもちっとも上達しない私とペギーに
ついにポーラ先生の堪忍袋が切れてしまいました。

たしかに秘密の特訓を始めて2ヶ月あまり、
それなりに上達はしているような気がしますが、
ポーラ先生がいないとやりたい放題のペギーを
いまひとつコントロールしきれないでいます。


最後の頼みの綱のポーラ先生にも見放されて
この先どうしたらいいの・・・

とほろほろ泣いていると、

DSC_0070.jpg
セルヴィー



24時間ハッピーで楽しくってしょうがないセルヴィー 
がやってきて

しおしおと私のまわりにまとわりつき

とても心配そうに

クーンクーン

と話しかけてきます。

ああ、犬ってどうしてこんなに人の気持ちがわかるのかしら。

哀しいやら、犬のなぐさめに感動するやら複雑な心境のまま
家路につきました。

他人をものすごく怒らせてからでないと
奮発してやる気を出さないのは私の悪いところ。

それなりにじくじくと考え、
とにかく応急手当で

ポーラ先生の前で駈歩を披露する
(ペギーはアリーナで駈歩をすると興奮する・反対駈歩をする・右手前では逃げ出す悪癖あり )

のを目標に独りで練習することにしました。

ポーラ先生がいないと
速歩もスムーズに前進しないペギー
でもこの際速歩にかまけている場合ではないので

調馬策20分
騎乗してすぐに駈歩発進

を何日か繰り返しました。

かなり強引に練習したので
ペギーは後ろ横蹴りを繰り返すようになり、
速歩にいたってはてんで前に進まなくなりましたが、
とにかく興奮した駈歩になれる、
右手前を乗りきる
だけを念頭におきました。

うかうかと外乗にでかけるのがみつかると
ポーラ先生の怒り心頭にいたるのは目にみえているので
先生の家とは逆方向に少しだけ出かけ
興奮したペギーをおちつかせました。 

こんなのでいいわけないなあ。

とおもいつつ

1週間後、ポーラ先生の家へ・・・


速歩は先生の前ではいつも見事に決めるペギー
問題はありません。

さて駈歩

どんな練習をしたのか成果を見せてもらいましょう。

と、ポーラ先生が不敵な笑いを浮かべています。

相変わらず興奮ぎみ、駈歩の手前も間違ったりあったりしつつ
なんとか逃げられず駈歩を披露。

ところが駈歩を続けていると

ペギーが 

後ろ足で横蹴り

をするようになり
ちょっとびくついてしまいました。

駈歩をしていて横蹴りをするのは
ものすごくいけないことです。
今度したら、鞭でひっぱたいてやりなさい。

と、短鞭を上向きにしてもたされました。

ムチを使うときは片手綱
おもいっきり手を後ろに引いて ペギーのお尻をたたく

必要があります。

アンバランスで興奮したペギーの駈歩になんとか
乗っているのが精一杯なのに
片手で手綱って ちょっとムリなんじゃないかしら。

と抗議してみましたが問答無用


清水の舞台から飛び降りる心境で
ムチを持って駈歩をはじめました。

私の背水の陣の心意気を察したのか
逆ムチを見て心を入れ替えたのか
ペギーは横蹴りをしなかったので
駈歩で逆ムチは使わないですみました。

その後、背中をリラックスさせた姿勢で首をひくく保って
運動する速歩もとてもうまくいき

一生懸命練習した成果があったみたいね。
もう少しペギーで様子をみてみましょう。

ポーラ先生の怒りもなんとかおさまりました。



その後、あれよあれよとペギーは従順になり
1週間後、
ポーラ先生が付き添っていなくても
見事な速歩、 スムーズな左駈歩をするようになりました。
(右はまだ興奮ぎみ)

ああ、ほんとうに長い道のりだったなあ。
ここまでくるのに、学校卒業後 1年と半年もかかりました。

ちなみに外乗に 1頭でいけるようになるのにも 購入後2年半、
調馬策ができるようになるのに1ヶ月かかっています。




関連記事
スポンサーサイト

theme :
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

初めまして,

頑張っておられますね。
ブログ拝見していて、子供の頃友達たちと裸馬に乗って走らせ、次々と落ちた事を思い出しています。
農耕馬だったので背中が幅広いのでしょうか、足が短かったのでしょうか、馬の背中でずれて行き落ちてしまいました。
落ちた友達と大笑いです。
今は農村から馬はいなくなって久しいですが、こういう動物を夕方川に連れて行って洗ったり散歩をさせるのは子供たちの仕事だったのです。

過去のブログなども少し拝見させて頂きましたが、そんな過去を思い出しながら、お馬さんと関わってお暮らしの様子興味深く楽しかったです。

ペギーさんと一緒に頑張ってください。
またお邪魔させて頂きます。

URL間違っていたようです。

すみません。
楽天のURLでは反映されないようなのでFC2の鯉ブログのURLにしました。
楽天のは「自然と花とみつばちに囲まれて」と題して公開しております。
お時間があれば覗いてみてください。



No title

デコデコさん コメントありがとうございます。
農耕馬の思い出、楽しいですね。
ニュージーランドの田舎なら、今でも子供たちが
裸馬で遊んでいそうです。
まだ自動車があまりなかったころ
裸馬に乗って(鞍を買うお金がなかった)
学校へ通う子供たちもたくさんいたそうですよ。

乗馬をされない方に読んでいただいて
興味深いとコメントいただきとてもうれしいです。
また何か気づいたことがあれば
コメントしてください。

鯉の専門家なんですね~

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる