コンファメーション conformation

馬の体型にはいろいろ良し悪しがあります。

雑誌に載っていた コンファメーション比べで
ペギーと同じ品種、 3/4 サラブレッド 1/4クライズデール、
3歳 セン馬が スポーツホース部門で1番でした。

110522 003a
スポーツホース部門1位




110522 001a
ペギー


白線を見るかぎり似てるでしょ。
この日のペギーは少し首が緊張しているので
トップラインはいまいちですが、

肩のライン(ほぼ45度)
どっしりした、まっすぐな前肢、フラットな膝と短めの管
胴の長さ、
お尻の正3角形(ペギーはやや2等辺ぎみですけど)
後肢へのラインといい、
なかなかいい感じです。

実はペギーもスポーツホースとして交配されてるのよね、
ちっともそんな感じじゃないけど。


さて、よくない体型とされているものを

コンファメーションフォルト

といいます。

ペギーは、

Roach back
Pigeon toed
Boxy hoof
cow hocks

こんなにあるんです・・・

Roach back
楕円形で囲んだ部分、
上の馬は やや goose rump
ペギーはもう少し前に戻って、腰の部分が
ほんの少し上がっています。

鞍が前にずれる、
ライダーをアンバランスにさせ、
大変乗りにくくする

そうですよ。
なんだやっぱりアンバランスなのは
私ではなくてペギーのせいじゃんか。

ただ、目だたないぐらいで、
背中の筋肉が回復すればほとんどわからなくなるレベル
(ポーラ先生より)

pigeion toed (toeing in )
は前脚のひづめが内側を向いている。

これだとパドリングといって
前肢を回転させるように動かします。

110713.jpg
左が正常
右が ピジョントウ ひづめが内側によれています
速歩を正面から見ると パドル(前肢を横にして下げる)をし
足跡は内向きになります



ショーに出ると得点が下がりますが、
馬場馬術では問題ないそうです。

boxy hoof
右前のひづめが boxy hoof です。
ひづめの形が、やや収縮しています。
ちょっと箱型、みたいな、
これはそれほど問題にならないそうです。

cow hocks
後肢の真ん中の間接がやや内気味、
牛みたいな肢型。

これは結構問題で、
間接、筋肉、靭帯にストレスがかかり、
後肢の弱い馬

になります。

一番やっかいかな。
でも、これも、やや 牛ぎみ、程度なので
いまのところそれほど顕著ではありませんが、
今後十分留意して乗る必要があります。 


Vital Statistics: A Guide to Conformation (Stablemates)Vital Statistics: A Guide to Conformation (Stablemates)
(2006/06/30)
Maggie Raynor

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

theme :
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる