セール



今週は、サドラリーウエハウス(大型店舗の馬具屋さん)でセールがありました。
いろいろこまごま買い物をして
 
フフフ

と家に帰ると、
キャロリンはもっとたくさん買い物をして

フフフフ

としていました。

馬が6頭もいるといろいろ物入りです。


キャロリンの話では、
セール初日の開店の9時にお店に行くと、
お店には長~い列ができて 
クライストチャーチとは思えないにぎわいだったそうです。

開店一番に行かないと、合うサイズがなくなってしまうのでしょう。

NZの馬乗りたちは自分よりも馬にお金を使うひとたちばかり。

少しでもいいものを、安く、という気持ち、痛いほどわかります。


さて私が買ったのは、

5色カラーのゴム製たづな、
安全ショートブーツ(つま先に鉄が入っていて、馬に踏まれても痛くない?)
ジーンズ布の乗馬用キュロット(ズボン)
乗馬用デザインの冬用ジャケット(ボタンが馬柄でかわいい)
 
・・・馬具よりも自分の服装にお金をかけているようでは
まだまだ本物の馬乗りではありません。

欲しかったのはたづなだけで、あとは衝動買いです。

DSC_0017.jpg width="320" height="213" />

春の日差しを浴びて走るロンダ


さてこのゴムたづな、
今日使ってみましたが、とても役立ちました。

最近 ロンダがちっともいうことをきかないので
困っています。


ジェイミー先生に相談したところ、
不二子は手綱と銜(ハミ)のコンタクトが外れたり、
強すぎたりでだめなのよ~と指摘され、
いろいろ試行錯誤しているところでした。

この5色たづな、 手綱の長さが5色でわかりやすく、
たづなのゴムが太いので握りやすく
ずれません。
ロンダのハミとのコンタクトもしっかり取れるようになりました。

それでもロンダの左まわりはよくなったのですが
まだ右まわりは苦戦してます。
(レースホースは左まわりばかりするので、ロンダは右まわりが苦手)

キャロリンいわく
今度はコンタクトがきつすぎるじゃない???

う~ん乗馬は奥が深いなあ。


DSC_0023.jpg



すっかりたくましくなった子馬くん

投稿者 kimiko : 2006年09月06日 01:33

ロック、お帰りなさい

ロック、お帰りなさい

kimiko (2)


Rouke (ロック) 28 才 品種 Connemara

白馬のロックは優等生。
現役時代は ジャンプ、ドレッサージュとこなし、数々のメダルをとりました。

ジェネルが小さかった頃、よく子供たちを乗せて遊んでくれました。

フロートにも静かにのるし、28才のロックは我が家の馬の
リーダーとして、馬たちをたしなめたり、教育したり、あるいは
面倒をみたり、いつもキャロリンのお気に入りでした。

私も数回乗りましたが、ロックの駆歩のみごとなこと。
そのリズム、後肢の踏み込み、私が駆歩をさせているのではなく
ロックの駆歩に乗させてもらっている、というかんじでしょうか。

そんなみんなが大好きなロックですが、
ここ2-3年はもう人を乗せることなく、もっぱら
フレンドホースとして、他の馬の面倒をみてきました。


そして、今年のはじめ、オリという馬と交換で、
オリのオーナーに預かってもらっていました。

もちろんロックを手元においておきたかったのですが、
我が家の敷地に5頭以上は無理という物理的な理由と、
餌代を節約したいという経済的な理由です。

みんなロックはどうしているかな?
と心配していたのですが、
ある日、預かってくれているオリのオーナーから連絡があり、
ロックが大変弱ってきているのと、足場がぬかるんでいて、危なく、
これ以上責任をもって預かれないとう内容でした。


それは大変!!とすぐにロックを迎えに行きました。


久しぶりにあったロックは思ったより元気そうで、少し安心しました。
とても大切にあずかってくれていたようです。


馬の寿命ですが 25歳くらいだといわれています。
28歳のロックは大御所ですね。

これから先、ロックをどうするのか、
もう少し様子を見てから決めるそうです。


kimiko (3)


真夜中の大脱走



8月の寒い夜、
子猫のキキを湯たんぽにしてぬくぬくと寝ていると、

カッパカッパカッパカッパ

とリズミカルな4拍子が窓の外から聞こえてきました。

???
見事な4拍子の馬の足音、どうしてすぐそばから
聞こえてくるの???

夢かしらん????


とりあえず窓から外をのぞくとしーんと静まり返った真っ暗な闇。

今のはなんだったのかしら??

ベッドにもどり、
子猫のキキを抱きかかえてまた眠ろうとすると、

今度は
 
パカランパカラン

という駆歩の音に

ひひひひーん

と馬のいななく声がすぐそばから聞こえてくるではありませんか。

これは間違いなく、馬がどこからか脱走して、
我が家の庭を闊歩しているに違いません。

とりあえずパジャマに手袋、帽子、靴下を身に付け、
長靴をはいて外へ出ました。(深夜2時30分)

すると黒い影がわたしに向かって突進してきました。

私のすぐ目の前で急停止して鼻息荒く
しているのは。。。

子馬くんでした。

どうも青草を求めてさすらっているうちに、
木の隙間を抜けて、庭に出てしまったようです。

大好きなおにいちゃんのスクワートのところに
戻りたいけど、行きはよいよい帰りはダメよ、
で戻れなくなってパニクッているところに、

いつもにんじんをくれたり、子馬くんを枕代わりに
昼寝をするお姉さんがやってきたので、

助けて~

と言っているようです。

でも興奮しているので、素直に私の後をついてきません。

困ったなあ。と思っていたところ、

頼りにならん!

と思ったのか、
庭の茂みの方へ行ってしまい、
暗闇の中姿を見失ってしまいました。

懐中電灯を探したけど見つかりません。
ああ。 災害があったら一番に被害に会いそう、
緊急時に役にたたないタイプです。

とりあえず馬をひく紐、ロープはないか探しに
家の中へ戻りました。

黒い丈夫そうな紐をなんとか発見。

勇気を出して暗闇の茂みに戻ると
子馬くん 木に身体をこすり付けて、
なんとかパドックにもどろうとしている様子。

優しく声をかけつつ
紐をムクチに取り付けてひっぱると
今度は素直についてきました。

子馬くん、無事生還。
キャロリンが日ごろ、引き馬の練習をしていたおかげで
特に暴れることなく素直についてきました。
いやあよかったよかった。


FMARCH (22)1



さて馬の脱走、たまにあります。

我が家ではたしか2年前、これまた深夜電話がかかってきて
近所にあずけていた馬が逃げたという連絡。

キャロリンとギルが車に乗って捜索に出かけました。

実はこれは我が家の馬ではなく
別の人の馬だったということで
ちょっと人騒がせな一件でした。

そのほかには、鹿のソフィーが門を開けてしまい、
我が家の馬と鹿が 連なって道路で草を食べているところ、
近所の人が発見、ギルの仕事先に電話をしてくれて
無事連れ戻したこともあります。

基本的に馬はあまり家から逃げることはありませんが、
それでもたまに、あるので要注意です。


fcf (111)


寒い夜にはかかせない子猫のキキ

ホースフロート


gazoo 219


2頭用のフロート
外に水タンクをとりつけて、便利な工夫をしています。


winter (140)


(少し古いタイプです)
1頭用の手作り?のフロート


馬の移動に使うのが このホースフロート、
または大型トラックを改造して作った馬運車です。

車に牽引して使えるこのホースフロート、1-2頭の移動には
とっても便利です。

我が家のフロートは馬2頭と餌を少し乗せられるだけの
とってもシンプルなものですが、
馬具を収納できたり、簡単なキッチンがついている豪華なものも
あります。

http://www.freewaytrailers.co.nz/

上記のホームページ、フリーウエイーは ライダーの
憧れのホースフロートです。

さてこのフロート、我が家の馬たちはなぜか乗るのが大嫌いで
いつも乗せるのにてこずります。


よーく躾のいきとどいた馬
または慣れている馬はたいがい素直に乗りますが、
何かのきっかけで、乗らなくなることもままあります。

先に1頭乗っていると2頭目はわりに簡単に乗ります。

重いほうを、または1頭のときは 右側にのせます。
道路は水はけをよくするため、中央が微妙に高くつくられているため、
このほうがバランスがいいそうです。

ジーナは子馬時代から、訓練していて、2歳までは
素直に乗ってくれましたが、
キャロリン曰く、 Pallir というロープワークで乗せようとしたら、
大暴れをして、それから
断固として乗るのを拒否するようになったとのこと。

ロンダやスクワートもわりかしてこずるので、
フロートや乗せ方にも問題があるのかもしれません。

帰り乗せるより、行きに乗せるほうが大変です。

こればかりはにんじんに釣られて、ほいほい乗ってくれません。

ただフロートの先に 干草が大量に積まれていると、
誘惑に勝てず、ついうっかり乗ってしまう馬は多いように思います。

だだをこねる馬はどうするかというと、
長い鞭とロープを使います。


鞭を振って後退できないようにして、
出入り口に片方結び付けてあるロープをひっぱり
逃げ場をなくします。

上手な人がやると 簡単に乗りますが、
ジーナは暴れるし、鞭を振ったり、ロープを引くのが
私やジェネルだったりするので、
これがなかなか・・・・


大変なときは10分から15分かかります。

じゃじゃ馬 ジーナ



fc (12)


裸馬のジーナに乗るキャロリン

ジーナは我が家の子馬くんの異母姉、
キャロリンのブリーディング馬です。

ジーナは丈夫で病気や怪我で乗れないということは今まで一度もありません。
これに比べ、ロンダは
脚を柵にひっかけて出血したり、
びっこだったり、
蹄が割れて、治療のため休養したりと、
なんだかんだ、一年の半分以上乗れません。

またジーナはお父さん(半血クライドサドル)ゆずりのどっしりした体格、
背中はとても柔らかく、
まっすぐズシリズシリと速歩をする姿は審査員の印象もよく、
馬場馬術でも高得点、
またそのありあまる体力から
障害もものともせず、ばんばん飛ぶので
障害飛越、クロスカントリーもOK、

ロンダのように、他の馬に対するヒステリーもありません。

ただ若い馬(現在6歳)にありがちな、
物見、何かに対する極度な緊張はままあります。

さて、こんな無限の可能性を秘めた将来有望、スーパースターの卵であるジーナですが
やはり欠点はあります。

人間に対して気が強いというか、
とにかく力強いので、制御不能です。

専門のトレナーがじっくり調教すればもっと違うのではないかと思うのですが・・・

私は最近2度蹴られました。
1回目は、私の不注意だったのですが、
2度目は、ジーナが草を食べている最中、
無理やり引き馬をしようとした瞬間、
ぱっとジーナの眼が三角になり、耳が下がって、くるり ぱんっつ
と蹴られました。
瞬間ジーナの殺気を感じました。
ジーナのように強いオーラを出す馬にあったのは初めてです。

2-3年前は私もジーナに乗って駆歩もしていたのですが、
ある日ジーナがへそを曲げ、
まったく動いてくれなくなりました。
蹴ってもたたいてもその場で前脚をあげたり、後脚をあげたりするだけで、
前進しません。

その後、キャロリンの指導の下で数回乗ってはいますが、
蹴られてからは、もう乗る前にジーナに負けてるようで、
乗るにしてもおそるおそるです。

こんなジーナですが、キャロリンは気にもせず、
時間があれば、ばんばん乗っています。

ほんとに見ていてはらはらすることもあるのですが・・・

そしてついに先日、キャロリン、ジーナから落馬しました。

キャロリン曰く、ジーナの様子がおかしいので、
速歩で輪乗りをしていて、
手前を変えようとした瞬間、
ちょっとばたばたしたと思ったら、くるっと逆方向を向き、
ジャンプしながら後ろ脚で立ち上がりました。

怖かった・・
見ていてほんとに・・・

落ちたキャロリンもこのときはさすがに、びっくりした様子でした。

すぐに調馬索で、調教し、その後すかさず乗っていましたが・・・

とにかくキャロリンに怪我がなくてよかったです。
プロフィール

不二子

Author:不二子
クライストチャーチに10年以上住んでいます。
英語はちっとも上達しないけど、乗馬は少し上手になったかも。
寝ても覚めても馬のことばかり考えています。

登場人馬

都合で削除した
2006年からのブログを
ちみちみ再更新しています。
懐かしの第一話

最新記事
リンク
FC2カウンター
ランキング
 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
カテゴリ
株価&為替ボード
MMOタロット占い
電力使用状況&電気予報
Web page translation
便利ツール

製作者 PSP改造やろう

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる